四十路熟女の遅い発情期 第1話

画像をクリックすると作品サイトをご覧になれます!

jk140306
人気のない淋しい屋内駐車場、そこには性欲を持て余す一人の熟女が男を求めフラフラと彷徨っていた。彼女は女の全てを駆使し男を自分の中で導いていく…。そしてその後、彼女は人より旺盛な性欲の処理事情を生々しく男にぶつけるのであった。初めは特に目立ってキレイだという印象もなく、外であるにも関わらずムラムラと発情している彼女に対し手っとり早く性欲を満たそうとしていた男も、しだいにその年季の入った熟れた体の魅力に取りつかれしだいに離れられなくなっていくのであった、自分のチンポを求めて股を広げてくる彼女が愛らしくなり思う存分いじくって遊んであげるとすごく嬉しそうな表情を浮かべる。彼女はしだいにそれだけでは物足りなくなっていき…。


あなたの評価は?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5 評価, 1 投票)
Loading ... Loading ...

コンテンツ情報