艶母 第3話

画像をクリックすると作品サイトをご覧になれます!

pi140220
見ず知らずの童貞たちに、熟れた体を好き放題弄ばれてしまった美沙子。だが、それを強要した電話の男こそが、義理の息子・一彦だったと知り、愕然とする…。その動揺に追い打ちをかけるように、一彦は今まで以上に激しい愛撫を繰り出し、彼女を快楽の谷へと引きずり込むのだった。そして気が狂いそうなほどに焦らされた美沙子は、体中を痙攣させながら遂に禁断の一言を口走る。「か…一彦さんのが…欲しい……」 理性の壁が決壊した今、二人のタブーを遮るものは何もない。たとえ相手が義理の息子であろうとも…


あなたの評価は?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5 評価, 1 投票)
Loading ... Loading ...

コンテンツ情報